革財布へのこだわり

革財布へのこだわりを見せたい男にとって、基本的な革の知識が必要かも知れませんね。その革は皮とも書きますが、通常革の財布といえば革と表現していま す。その違いは何でしょうか。革というものは、動物の皮を剥いだ状態のことを皮というそうです。欧米で箱の皮の表現が動物の種類やその成長度合いなどに よって違うようです。子牛や、羊などの比較的小さい皮はスキンと呼ばれ、成牛や馬などの皮はハイドと呼ばれています。

それに対して革は、動物の皮膚をはぎ取った皮を加工したものが革と呼ばれています。剥いだ皮をそのままにしておくと、腐敗や変質したりしてしまうので、そ れを防ぐ意味があります。加工することによって、より滑らかさを出したり、長期的に保存できる状態にすることが主な目的とされています。 大昔から人間は防寒用として動物の毛皮を衣類として使用してきました。その歴史から人間は動物の皮を柔らかく加工する技術を身に付けてきたといわれていま す。

それがなめしの加工技術です。動物の脂や草木の汁などを用いたり、煙でいぶしたりして滑らかな革に加工することを身に付けてきたのですね。 これらの加工技術は、今日にも受け継がれ、皮を加工し、滑らかでツヤがあり、なおかつ長期的に保存できるようにしています。それらの加工技術は、手先の器 用な日本人が得意とするところです。この日本人による職人が作り上げた革財布は、究極の逸品として日本のみならず、世界でもその評価が高まっています。