皮から加工したものが革

皮から加工したものが革になりますが、その革へと変える職人はいくつかのタイプがあるようです。その革へ変えていく人たちをタンナーと呼ばれています。こ のタンナーは変質して固くなったり、腐ったりしやすい皮を、水やなめし剤を用い、柔らかく丈夫な革に生まれ変わらせています。この革はタンナーの存在が あって初めて革に変貌しているのです。 それから革に加工した革をどの用途に使用するのか、選別したりするのが革問屋と呼ばれる人たちです。革職人やデザイナーたちがどのような革を要求している のか、その目的に応じて、最適な革を提供しているのです。

動物の皮と行ってもひとつひとつその特徴などの違いがあるので、幅広い知識と洞察力を持っていな いと務めることが出来ないといわれています。 そしてそれぞれの革製品を生み出す人たちが革職人です。これら革職人は、それぞれの製品に特化した職人となっており、その専門化を活かした、製品が作られ ています。具体的には、靴職人があります。この靴も熟練された技術と知識がなければ生み出すことのできないものになっています。究極の履き心地を追求した 革靴が生まれていくのです。

また、革製のジャケットやコートを作るウェア職人がいます。これもウェアの場所によって強度や伸縮性が異なり、こういった祭壇作業は全て手作業で行われ、 その熟練したワザがものを言うことになります。そして鞄やバッグ、財布などの革職人が存在します。非常に手の込んだ革製品なので、これこそ日本人が得意と するところです。手先の器用な職人たちがハンドメイドで作り出す革製品は高い評価を受けています。これらの革製品は革職人たちが長年培ってきた伝統とその 技術でこだわりの製品を作り出しています。