本物を追求したいと思うなら

革財布は本物を追求したいと思うなら、日本人の職人が作り上げるハンドメイドの革財布がおすすめです。それは二つの要素が混ざり合って最高級の皮革製品を 作り上げているからなんです。 まず一つはその革製品の素材となる革へのこだわりです。動物の皮は豚を除き、そのほとんどは欧米、特にヨーロッパが主な加工生産地となっています。その歴 史も古く、ヨーロッパには多くのタンナー(加工職人=生産者)が存在します。

それぞれの国ごとに特徴があり、その国で培ってきた歴史とともに、その製法に もこだわりがあります。 その主な国はフランス、イギリス、イタリア、ドイツなどです。ヨーロッパの牛などは広大な敷地で育てられるケースが多く、ストレスなく育てられ、とても品 質の良い牛皮が誕生します。そのような原皮を丁寧になめし、上質の皮革製品へ加工されています。 その最高級の皮革製品が日本に輸入され、日本の職人がその卓越された技術を駆使し、細部までのこだわりをみせながら、愛着のある皮革製品を作り上げている のです。

ヨーロッパから持ち込まれた革製品を厳選するところから始まり、その素材を最大限生かせるために、試行錯誤を行うなど、あらゆる部分にこだわりを 持ち続けています。また、素材の特性に合わせて職人もその特性が活かせるセクションを持たせることでさらに厳選された製品作りを行っているのです。この日 本の職人の手により、ヨーロッパからの上質な素材の良さを活かし、シンプルかつモダンに感じ取ることができる、上質の革財布を誕生させています。一度この 日本の職人が作り上げた本物の革財布をあなたも持たれてみてはいかがですか。